ゆっくりやさしくていねいに暮らす

転んでもまた起き上がるための技術と方法

復職成功の秘訣 - やるべき事の優先順位づけを

鬱になって休職した場合、あるいは休職までいかなくても業務調整をしてもらったり時短勤務になった場合、いつかは仕事へ取り組む自分の体制を「元に戻す」必要が出てきます。鬱が原因で新しい仕事に転職したり、異動したりした時も同じです。とにかく、「仕事を普通にやる」というところまで自分を戻す必要があります。

そんな時は、とにかく「毎日会社に行く」ことを第一優先に考えるほうがよいと思います。

土日が休日であればどちらか1日は自宅でゆっくりするとか、取り組みたい趣味やアクティビティがあったとしても、常に「明日仕事に行く余力」を残しておく、それも「十分に残しておく」ことが大切です。

体力的に厳しいことは、しばらくの間控えましょう。睡眠時間はたっぷりと確保しましょう。そして自分をリラックスさせるため、不安を出来るだけ取り除くための活動を行うようにして下さい。これらも皆、会社に行くために必要なことだから行うのです。

たとえて言うなら、鬱の状態から、ある程度仕事が普通に回せるようになるまでは、「飛行機が離陸中なんだ」と考えることです。ベテランのパイロットであっても、飛行機が離陸する時は緊張し、安全に離陸することに集中するといいます。「片手間に」離陸を行うパイロットなどいないはずです。

f:id:fromzerotoone:20190325163458j:image

鬱にかかった人が仕事に復帰する時も同じです。他のことはさておいて、とにかく毎日会社に行って普通に過ごせるようになる、ということを何よりも優先させましょう。

ここで、もし会社を休んでしまったり、遅刻したりすると、必ず「罪悪感」にさいなまれたり、会社に心理的に行きにくくなったりします。その時はその時で仕方がないのですが、とにかく普通の仕事が軌道に乗るまでは、会社に行くことを最優先で考えて下さい。

飛行機も、ある程度の高度まで到達すれば「自動運転」も可能になり、余裕も出てきます。仕事でも同じです。軌道に乗ってしまえば、趣味やアクティビティもまた再び思い切り楽しめるようになると思います。

会社に行くことを第一優先にする。これが、当たり前のようですが、実際にやるのがなかなか難しい、復職成功の秘訣です。