ゆっくりやさしくていねいに暮らす

転んでもまた起き上がるための技術と方法

やる気を出すには「はじめる」ことからはじめよう

仕事や作業に取り組む時、特に効率的にそれを行なうためには「やる気」を出すことが必要である。 しかし、この「やる気」というのが普通にしていてもなかなか出てこない。気合いを入れて「やる気を出そう」と力んでみても出てくるものではない。 そういう時…

HSP - あ、オレこれ!

鬱についてのこのブログを始めてから、同じような精神の悩みを抱えている方々のブログに訪問することが多くなった。 その時に、特に、「あーこの人の気持ちとよく共感できるなー」と私が思う方のブログによく登場するキーワードとして、「HSP」という言葉が…

もういいんだよ、を合言葉に

今回は、薬や休養のおかげで少しずつ鬱の状態から体調が上向いてきた時に心がける2つのことについて書きたい。 まず、とにかく大前提の1つ目として「絶対に無理をしない」こと。ここで無理をすると、また体調を崩してしまうことになる。 鬱と付き合っていく…

TOEICの受験票、届く(焦)

来たる3月10日に実施される第238回TOEIC L&R公開テストの受験票が自宅に届いた。 正直、焦っている。 ひと月ほど前に、書店で売られている公式問題集で模擬試験をおこなったところ、目標の点数まであと50点前後欲しいなあ、というところだった。特にもう少し…

どうか、生きて下さい - 「死にたい」「消えたい」願望について

鬱の症状が重くなると、よく言われるのが「死にたい」「消えたい」と思いはじめるということである。 私も病状がひどかった時は、よく主治医から「死にたい」と思うかどうか、確認されていた。 しかし幸いにして、私はまだ「死にたい」と思ったことは病状が…

屈せず、あきらめず - アカデミー賞歌曲賞受賞のレディ・ガガの言葉

このブログは鬱についてテーマにしたものであるが、今日は日本時間の本日発表された第91回アカデミー賞について書きたい。いや、決してこれも鬱とは無関係な記事ではないのだ。 映画『アリー/スター誕生』で歌曲賞を受賞した際のレディ・ガガのコメントがと…

調子をアゲる音楽 - D’you know what I mean? / Oasis

今日は久しぶりに会社に行くことができました。 有給休暇を使い果たしてしまっている私はこの所、連続欠勤です。 久しぶりに朝、何とか起き上がることができて、定時に間に合う電車に乗り込むことができました。 こういう時は、電車の中で音楽を聴いて自分の…

薬や病院での短い問診だけで鬱を治すのは難しい部分もある

先日の投稿では、鬱にかかったらまずは病院に行き、休養を取ろうという記事を書いた。 鬱に「かかったかな?」と思ったら - 鬱、再再再再発からの再出発。 自分の病状に適した薬を飲んで、しっかり休む。これが鬱を治すのに最も効果的であり、基本であること…

人間、何か「しがみつける」ものごとが必要なのか

私はお酒がほとんど飲めない。飲んだとしてもすぐに頭が痛くなってしまい、「気持ちよく酔った」経験はほとんど無い。 とある飲みの席で、そんな話をした時、ある先輩から言われた一言が今でも心に残っている。 「酩酊すること無しに、よく生きていられるね…

ブログ開設4日目:1日50PVを上回る

こんばんは。 今回は皆さんのためというよりも自分の記録のために投稿します。 先日、2月19日にこのブログを開設して4日間が経過しましたが、本日、1日のPVが50を上回りました。 また、スターやコメントもたくさん頂いており、読者数も17名の方に登録いただ…

朝気持ちよく起きるための9つのルーティーン

皆さんは「睡眠慣性」という言葉を聞いたことがあるだろうか。睡眠慣性が大きい(強い?)と、朝起きた時も頭がボーっとして、十分に眠れた気がせず、多くの場合そのまままた布団にもぐりこんで眠ってしまうという。 鬱の時には、睡眠の量や質に大きな問題が…

「寝たまんまヨガ」アプリを試してみた

最近、寝つきが良くない。デパスを処方されて就寝前に飲んではいるのだけれどやはりなかなか入眠できない。結局、睡眠時間が少なくなり、眠りの質も低くなり、朝起きた時はボーっとしていて、目覚ましが鳴ったら止めてまたすぐに布団にもぐりこんでしまう。 …

鬱に「かかったかな?」と思ったら

鬱になってしまったかな?と思われる場合、まずはすみやかに精神科や心療内科などの病院に行くことが重要です。 そして、そこで診察を受け、「あなたは鬱(または鬱状態)ですよ」と言ってもらい(←この「言ってもらう」ということも非常に重要)、薬を処方…

自己紹介

今回は私の鬱病の遍歴というか、これまでの状況をかいつまんで紹介しようと思います。 私は20代のはじめ頃、大学院生の時に鬱病になりました。大学にある保険センターで病名を告げられ、投薬による治療をしていました。 それから結局、大学院は退学し、小さ…

はじめまして

ブログタイトル(「鬱、再再再再発からの再出発」。3月5日に「ゆっくりやさしくていねいに暮らす」に変更)の通り、鬱病を何度も何度も再発させながらもなんとか生きている筆者です。 ブログって、日々書き続けたり、読者を増やしたり、その読者のお役に立つ…