ゆっくりやさしくていねいに暮らす

転んでもまた起き上がるための技術と方法

結果を残せば仲間や味方が増えていく

何らかの理由で仕事を休職し、その後回復を経て会社に復帰する時によく感じるのは、

「みんな、自分のことをどう思っているのだろう?」

「仕事をこなすことができずに落ちこぼれてしまった」

「もう自分は必要とされてないのではないか?」

という思いです。これは復職の時期に限らず、まだ休職中の段階であっても頭の中をこういった思考がぐるぐる回っている状態になることがあります。

こういった、ネガティブな思考を払拭するにはどうすれば良いでしょうか?

その方法は、たったひとつしかありません。

それは、

「目の前のやるべきことに一生懸命に取り組んでみる」

ということです。

まずは自分のできる範囲のことで構いません。

会議の資料をコピーする役を買って出てもいいですし、シュレッダーに溜まったゴミを片づける、でも構いません。何か業務を割り当てられたなら、その業務をしっかり自分なりに工夫しながら一生懸命にやってみることです。

すると、何かしら「結果」が残ります。結果というのは、「誰かの役に立った」ということです。「ありがとう」とお礼を言われたり「おー、よくやったね」と褒められることもあるかも知れません。

あるいは何も言われないかも知れません。けれどもそんな時でもあなたの働きが一生懸命であれば、それを見ていてくれる人は必ずいます。

そしてだんだんとその「結果」が増えてくると、次第に自分の周りに仲間や味方が増えていきます。少し大きめな仕事を頼まれることも次第に増えていくでしよう。そうするとさらに広範囲の人の「役に立つ」ことが、さらに少しずつ増えていくと思います。

私も、前述したような、

「みんな、自分のことをどう思っているのだろう?」

「仕事をこなすことができずに落ちこぼれてしまった」

「もう自分は必要とされてないのではないか?」

という思いにさいなまれながら、これまで生きてきました。社会人になってから休職を何度も繰り返してきたので、自分には全く自信がなくなってしまい、「孤立感」「疎外感」のようなものを抱えながら生きてきました。

けれども最近、とにかく会社に毎日行くことを第一優先にして、継続して出社ができるようになり、自分が今できることに一生懸命に集中して取り組むようにしました。

すると、「ありがとう」と感謝されることが次第に増えてきて、「あの資料、分かりやすくて良かったですよ」と話しかけられたり、また今まで話したことがなかった他部署の人から声をかけられたりすることが増えてきました。

「あ、なんか、自分の周りに仲間や味方が増えてきてるな」と最近では感じられるようになりました。

f:id:fromzerotoone:20190417082739j:image

これは、ブログの読者が増えていくのも同じなのかも知れません。

鬱の症状から立ち直るためには、「人の役に立っている」という自信が大切だと思います。そうすることで、余計な不安や焦りといったものが次第に少なくなってきます。

そのためにも、自分のできる範囲で、目の前のことに一生懸命に取り組む、ということが重要です。

会社に復帰した方も、今休職中でこれから復帰を目指す方も、あるいは、何か仕事でストレスを感じている方も、ぜひ参考にしていただければと思います。

仲間や味方が増えていく。これこそが仕事をしていて楽しいところでもあり、仕事をしていく人間として幸せなことなのではないでしょうか。

 

マインドマップでアタマを整理! - 便利なツールをご紹介

日常の生活や仕事をする上で、出来るだけ不安や焦りなどを感じることを減らし、ストレスフリーに過ごすためにはいろいろと工夫が必要です。

中でも私が重要だと思っていることの一つに「目の前のやるべきことに集中する」ということがあります。これは、最近流行のマインドフルネスなどを実践する上でも重要だと言われていることですが、なかなか現実には難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。

目の前のやるべきことに集中しようとしてもなかなかできない理由はいくつか考えられますが、大切なのは「自分は何をやらなければならないのか」を洗い出し、優先順位をつけて実行に移していくことです。これができていないと、そもそもやるべきことが何なのかが分からないですし、やるべきことをやっている最中にも「他のこと」が気になって集中がそがれてしまいます。

不安や焦りを低減させるためにも、まずは一度、「やるべきこと」をすべて洗い出してみる必要があります。

この時に有効なのが「マインドマップ」を描いてみることです。

マインドマップは紙の上に描いても構わないのですが、あとから要素を変更したり要素の位置を変えたりするのには、マインドマップ用のソフトウェアやアプリで編集する方が便利です。

中でもおすすめなのは、「Sketchboard」という、パソコンのブラウザ上でマインドマップを作成・編集できるソフトウェアです。

気になる方はぜひ、SketchboardのサイトSketchboard: Online Whiteboard for Software Diagrammingを見てみて下さい。

f:id:fromzerotoone:20190412030836j:image

もし、iPhoneiPad上でマインドマップを描きたい場合は、「SimpleMind+」というアプリが非常に使い勝手が良いです。

f:id:fromzerotoone:20190412031225j:image

ぜひ皆さんも、マインドマップを使って自分の頭を整理してみて下さい。きっと不安や焦りが軽減され、ものごとにもっと集中できるようになると思います。マインドマップを活用してストレスフリーな毎日を過ごしましょう。

本の著者と読者との語らいの会に参加した話

前回の投稿では、草薙龍瞬氏の新刊「こころを洗う技術」の本の感想を氏に送ったらメールマガジンで取り上げられた話を書きました。

こころを洗う技術 思考がクリアになれば人生は思いのまま

本の感想を著者に送ったらメールマガジンで取り上げられた話 - ゆっくりやさしくていねいに暮らす

今日は、その草薙龍瞬氏と読者との語らいの会(読者会)があるということで参加してきたので、その模様をかいつまんでお伝えしたいと思います。

このような会に参加するのは初めてだったので、まずはどんな人がどのくらい集まるのか分からなかったのですが、午後6時の集合時間に集まったのは、40代から60代と思われる方々合計14名。やや男性の方が多め。

そこへ草薙氏が到着し、まずはアンケートの回答から始まりました。

アンケートには、この本の良かった所や違和感を感じた所などを書き込めるようになっており、特にタイトル周りや表紙・帯のデザイン周りのことについて答える部分が多い印象でした。

アンケートに答え終わってから、一人一人自己紹介も兼ねながら、本の感想を述べていきます。

やはり草薙氏の本を何冊も読んでいるような「コアな」読者が多く、おおむね本の内容については良かったという感想が多く聞かれました。

しかし、サブタイトルや表紙のデザインなどには違和感を感じた方も結構いらっしゃったようです。

草薙氏によると、今回の新刊は書店のビジネス書や思考法の本が並んでいる棚に陳列されることをねらったとのことですが、これは各書店の判断に任されているようで、やはり仏教書の棚に置かれることが多いとのこと。

また、本のタイトルをつける難しさや、本をもっと売れるような体裁にすべきか、文章中の言葉の使い方やページ送りへのこだわりなどの話題も出てきて、なかなか興味深い話を聞くことができました。

その後は、読者が疑問に思った点などについて、ブディズム(仏教)の立ち位置から考えるとこういう風に考えられる、など分かりやすい言葉で明確に答えが草薙氏より返ってきて、いろいろと勉強になりました。

印象的だったのは、たとえば「嫌われる勇気」が売れたことでアドラー心理学が世間に知られるようになったのと同じく、ブディズムももっと理解されるようにしたい、という草薙氏の言葉です。

ここでいうブディズムとは、日本の葬式仏教とは違う、ブッダの合理的でニュートラルな思考法に基づく、現実の理解の方法のこと。

私もこの考えには賛成です。

もっと多くの方に、不安や怒りを取り除き、ものごとをよく理解することを通じて「生きづらさ」を減らしていく、この思考方法が広まるといいなぁと思います。

最後は、草薙氏にサインとオリジナルスタンプをもらい、会場をあとにしました。

なかなかディープな「読書体験」ができました。濃〜い時間が過ごせて、とても楽しかったです。

本の感想を著者に送ったらメールマガジンで取り上げられた話

15万部以上を売り上げたベストセラー「反応しない練習」。これは、鬱を患った経験を持ち、HSPでもある私としてはバイブルのような本です。

反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

この本の著者である草薙龍瞬氏が3月16日に新刊を発売しました。

そのタイトルは「こころを洗う技術」です。

こころを洗う技術 思考がクリアになれば人生は思いのまま

さっそく読み終わり、読み終わった時の気持ちをそのままその時に文章にした上で、著者である草薙氏にメールを送りました。
この草薙氏はメールマガジンを配信されており、月に数回そのメールが配信されるのですが、なんと、そこで私の「読書感想文」が紹介されました!

その文章というのは以下のようなものでした↓。

 

・・・・・・・・・・・・・

読者さんの感想

 

新刊「こころを洗う技術」をさっそく読ませていただきました。夢中で読んだので、数時間で読み終わってしまいました。

そして、自分の読書日記には、以下のように記録させていただきました。

「本来なら非常に重くなる内容のものが、非常に理知的にクールにさっぱりと綴られている。

それはこの著者が完全に「反応しないこと」「欲や怒りや妄想から解き放たれていること」の証左かも知れない。

世界中に蔓延する強力な妄想や業を前にしても、ぶれない揺るがない清浄な心から紡ぎ出される言葉は正しく美しい。

書籍であるがゆえに、もちろんそこには「言語コミュニケーション」しかないのだけれど、著者から直接何かが伝わってくる「非言語コミュニケーション」が成立しているように感じられる。

これは錯覚だろうか。それとも、この本に盛り込まれているイラストのなせる技なのか。ひょっとしたら、かのブッダも、対話という言語コミュニケーションを通じてさらに「非言語」に何かを伝えていたのかも知れない。

もちろん原始仏典は「言葉」しか今は遺されていないはずなのだが、私をホッとさせる「何か」非言語のものが伝わってくるような気がする。

こんな理知的な本を読みながら、こんな奇怪なことを考えていた。でも本当に練られた言葉が持つ力とは、そういうものなのかも知れない。」


美しい言葉の持つ力、練られた言葉の持つ力、正しい言葉の持つ力、そういう力を今回の先生の本では感じました。

先生の本で、まだ「大丈夫、あのブッダも家族に悩んだ」を「自分には関係ない」と思って読んでいなかったのですが、今回の本で「業」の部分を読ませていただき、やっぱり私にも関係がある本のような気がしてきたので、さっそくAmazonで注文しました。これで先生のブディズムに関する本はコンプリートです。

出版直後でお忙しい時かと思いますがどうぞお体にはお気をつけてお過ごしください。

先生の本が、少しでも多くの悩める方々の手に届きますように。

おそらくたくさんの読者から感想を送られていると思うのですが、その中でも私の文章を取り上げ、「読者に思いが伝わるありがたさ」というタイトルで配信していただいて、素直に嬉しかったです。

「反応しないこと」「こころをクリーンに保つこと」は、私がこころの不安を取り除き、安定して会社に行けるようになった「合理的な方法」のひとつであると言っても過言ではありません。

このブログの読者の皆さんの中にも「不安、怒り」と言ったこころのモヤモヤを抱えていたら、何か生きづらさを感じている方がいらっしゃったら、ぜひ上で紹介した本を読んでみることをおすすめします。

どうか、一人でも多くの必要としている方にこれらの本が届きますように(←また言ってる)。

新年度が始まりました! 新元号とTOEIC

いよいよ新年度が始まりました。

f:id:fromzerotoone:20190402051854j:image

前回の投稿で書いた通り、この4月1日がやってくるのを、私はちょっとドキドキしながら待っていました。

utsu-restart.hatenablog.jp

 大きく3つの事柄について「ドキドキ」していたのですが、まずは、その「結果」について書いてみようと思います。

 

1つめのドキドキ、「新元号の発表」ですが、「令和(れいわ)」に決まりましたね。発表の時間は、職場でちょっと早めのお昼休憩を取っていたのですが、オフィスのパソコンでニュースのライブ配信を見ながら、官房長官が「サッ」と「令和」の文字を掲げる瞬間を見ることができました。「令和」という元号についてはさまざまな意見があるようですが、私は何となく清々しく美しくきれいな感じがして、元号には相応しいのではと思いました。

 

2つめのドキドキ、「新入社員がやってくる」ですが、すごく真面目だけれど明るそうな感じの中途入社の方が来られました。ご本人は初日ということもあり、緊張した面持ちでした。私は昨日はお昼から外出してしまったのであまりお話しする機会がありませんでしたが、明日3日には私が商品研修を行うことになっていますし、徐々に慣れていただいて、楽しく一緒に働く仲間になっていただけるといいなと思います。

 

3つめのドキドキ、「勤務時間が1時間早くなる」ですが、特に大きな問題もなく、以前よりも朝1時間早く起きて、準備をすることができ、通勤電車でも座席に座ることができました。帰る時間も1時間早くなったのですが、そのおかげで家族と夕食を一緒に食べることができたり、夜もゆったりと過ごすことができて、「この勤務時間も悪くない」と思っています。

 

というわけで、無事に新年度初日を終えることができました。少しホッとしています。

 

そして、昨日はもうひとつ、大きな発表がありました。

3月10日に受験したTOEICのスコアが発表されたのです。

 

utsu-restart.hatenablog.jp

果たして、結果は…

f:id:fromzerotoone:20190402050743p:plain

という結果でした。

目標は「今年中に750点以上取る」ということにしていましたので、45点及ばなかったのですが、また5月26日(日)に受験を申し込みましたので、それまでにまたしっかりと勉強して、目標を達成できるようにしたいと思います。反省点としては、受験前あまり集中して勉強ができていなかったことが挙げられます。逆に言えば、もう少しきっちり勉強をしておけばもう少し点が伸びる可能性があるということですので、この結果を踏まえ、対策をしていきたいと思います。

4月1日がやって来る! - 新元号・新入社員・新シフト -

年度末最後の平日、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

私は、今からどきどきしています。

なぜかというと、いよいよ来週、というか、4月1日がやって来るからです。

f:id:fromzerotoone:20190329142100j:image

まず、一番の大注目は、

元号の発表

です。

特に私の生活にはほとんど影響を及ぼさない事柄ではありますが、いよいよというか、なんかどきどきしています。

4月1日午前11時半頃に、官房長官より発表されるとのこと。この時間は仕事中ですが、もう皆さん気になっちゃって仕事が手につかないくらいではないでしょうか。いかがでしょう?

考えてみるに、これほど大きな発表や事件が、こんなに前もって「この日この時間になされる」ということが分かっている事ってあまり無いのではないでしょうか(元号が変わるという事も、普通なら天皇崩御されてから動き出すものなので)。

元号が変わるからといって、何か自分の生活に影響があるわけではありません。と言いつつ、こんなに気になってしまうのは、私だけでしょうか?

 

次に気になっているのは、私の会社の部署に新卒・中途の

新入社員が入ってくる

ことです。

中途の方にはまだお会いした事がないので、どんな方なのかどきどきしています。

新入社員の方々には、私が開発に携わっている商品についての研修なども私から行うことになっていますが、やはり、希望を持って入社して来ていただくからには、その気持ちを高めてあげられるような、そんな研修にしたいと思っています。

 

そして、次に気になっていて、かつ、直接的に私に影響があるのが、

勤務時間が1時間早くなる

ことです。

鬱の再発から立ち直り、何とかコンスタントに出社できるようになったのですが、この出社時間が1時間も早くなってしまいます。これまでは、割と電車が空いている時間帯だったのですが、これが「ラッシュ真っ只中!」の時間帯に変わります。

 

鬱を患った身としては、このように様々な「環境変化」はストレスの要因となるとも言われていることを知っています。このどきどきは、単に「楽しみ〜」というだけではなく、「どうなるのかな〜」「心配だな〜」という不安も混ざったどきどきだという事も自覚しています。

 

とはいえ、思い悩んでも仕方がありませんので、しっかりと準備して、心身の調子を整えて臨みたいと思います。

 

今日で年度内の平日が終わるということで、様々な仕事の締めを迎える方も多いのではないでしょうか。皆さん、今年度、おつかれ様でした!

 

 

 

読まれるブログとは - 1000PV達成!

 

ついに!

ついに‼︎

ブログを始めて1ヶ月ちょっとで、総アクセス数が1000PVを達成しました!

f:id:fromzerotoone:20190326132850j:image

自分のブログが1000回も「ポチッ」とされたなんて、信じられませんが、本当に読んでいただいた方々に感謝です。

 

これまでに、38回記事の投稿を行ない、アクセスが多い記事、少ない記事色々ありましたが、次第にアクセス増減の傾向が何となく見えてきたように思います。

アクセス数の多少で言うと、

単なる意見<日記・体験記<お役立ち情報

の順にアクセスが多くなるように思います。そして「お役立ち情報」の中でも特に、「ブログ運営のコツや便利情報」がたくさんのアクセスが集まるように思います。

読者といってもほとんどが皆さんブログを運営している人たちですので、やはりそういった情報には目がないのかも知れません。

逆に、体験や経験をともなわない単なる意見は、いくらたくさん書いてもあまり人気がないようです。まあ、有名人でもないフツーでウツの人間の単なる意見なんて、興味ないというのはそうなのかも知れません。

私は特にアクセスを増やすのがブログ運営の目的ではなく、「一人でも読んでくれる人がいたらその人に向かって書く」という姿勢ですので、これからもつまらない単なる意見も書くことになると思いますが、どうぞよろしくお願いします!